2006年08月10日

『銃とチョコレート』

銃とチョコレート
乙一著
講談社 (2006.5)
通常24時間以内に発送します。

少年リンツの住む国で富豪の家から宝石が盗まれるという事件が発生した。犯人は怪盗「GODIVA」。それに対抗するのが、探偵ロイズ。リンツをはじめとする少年たちは、皆ロイズに憧れていた。

久しぶりの乙一作品。とっても楽しみにしていました。
「かつて子どもだったあなたと、少年少女のためのミステリーランド」というシリーズのこの本、児童書です。
前半は、「名探偵vs怪盗」という感じで、まさしく”児童書”だわ、などと思いながら読んでました。ところが、後半は、あれよあれよという感じ。残酷なシーンもあって、乙一さんらしさ(?)も出てきたのかな。
しかし、ドゥバイヨルという少年が、なんだか中途半端で、良いんだか、悪いんだか・・・。これがすっきりしなくて、なかなか入り込めませんでした。
結末は、意外なものでしたが、物足りない感じもしました
posted by ロニママ at 11:57| Comment(7) | TrackBack(5) | 乙 一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロニママさん、こんばんわァァァァァァ\( ̄▽ ̄)/
毎日暑いですね、夏バテなどしてないですか?
私もこれ読んだのですが
これまでの乙一作品から考えると
いまひとつ入り込めなかったです^^;
Posted by らぱん at 2006年08月10日 19:06
なんとか、元気ですよ〜。
しかし、暑いよねぇ。パソコン部屋も暑くって・・・。(^^;

私も、いまいち入り込めなかったです。
物足りないというか、次回作に期待です。
Posted by ロニママ at 2006年08月10日 20:09
おはようございます。ロニママさん。
どうにもこうにも、罪悪感にさいなまれて仕方がなかった作品でした。
後味わるぅ・・・です。

TBさせていただきました。
Posted by ゆう at 2006年08月11日 08:57
ゆうさん、コメントとTBありがとうございます。
後味悪い。確かに、なんだか納得いかないような、変な感じですよね。
Posted by ロニママ at 2006年08月11日 22:49
ロニママさん、おはようございます。

後味の悪さが乙一さんっぽいなぁと思いながら読みました。

私もパソコン部屋が暑くて暑くて…
夜中か早朝にしかネットできません。
Posted by なな at 2006年08月12日 07:25
ななさん、こんにちは。
返事が遅くなってしまって、ごめんなさい。

乙一さんの他の作品は、後味悪いってこともないと思うんだけど、これはなんだかちょっとでしたね。

お盆過ぎても暑いですねぇ。
ネット時間も、読書時間もめっきり減ってます。(^^;
Posted by ロニママ at 2006年08月18日 09:29
KyEht1oAまさか家のエレベーターでフ ェ ラされるなんて思ってなかったよ。。ww
「ここでフ ェ ラさせてくれたらもっと報 酬あげるよ♪」
って言葉に負けましたwww
途中で扉が開いた時は焦ったけど、おかげでもっとオッキしたwww
http://pak3.net/yutori/KyEht1oA
Posted by KyEht1oA金太郎 at 2008年05月08日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

銃とチョコレート 乙一
Excerpt: リンツ少年が住む国で、連続強盗事件が発生。 リンツ少年が、とある物を手にした事をきっかけに、少年たちの憧れである探偵ロイズと出会い、共に『ゴディバ』と名乗る怪盗を追う長編ミステリー。 思わぬストー..
Weblog: かみさまの贈りもの??読書日記??
Tracked: 2006-08-11 08:56

『銃とチョコレート』(乙一)
Excerpt: 銃とチョコレートposted with 簡単リンクくん at 2006. 7.18乙一著講談社 (2006.5)通常1-3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 少年リンツの住..
Weblog: Amazing Grace BOOK REVIEW
Tracked: 2006-08-12 07:10

「銃とチョコレート」乙一
Excerpt: 銃とチョコレート 乙一 盗んだ後現場に必ず1枚のカードを残す怪盗ゴディバ。それを追う探偵ロイズは子供たちの人気者。ある日、貧しい移民の子リンツは父と買い物に行き、聖書を買ってもらう。そ..
Weblog: ナナメモ
Tracked: 2006-08-12 07:25

銃とチョコレート、乙一
Excerpt: イラストレーションは平田秀一。かつて子どもだったあなたと少年少女のための講談社ミステリーランドの1冊。 古きヨーロッパを思わせる架空の国。主人公で語り手の十一歳の少年、リンツは亡父と市場で胡椒と..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2006-09-06 14:14

銃とチョコレート 乙一
Excerpt: 銃とチョコレート この本は、「ジョナサンの読書飛行」のジョナサンさんと「ちょっくら読書1000冊目指してみようか。」の常陸さんにオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎ..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2007-02-03 23:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。