2006年07月28日

『雪屋のロッスさん』

雪屋のロッスさん
いしい しんじ著
メディアファクトリー (2006.2)
通常2-3日以内に発送します。

30編からなる掌編集。

ネット上でもすっごく評判の良いこの本。
今まで、いしいさんの作品は、2冊読んでます。
『プラネタリウムのふたご』と『ブランコ乗り』どちらも、いしいワールドの不思議さと魅力を感じながらも、いまいちのまま読み終わってます。
そして、この本も、やっぱりいしいワールドの不思議な魅力を感じるものの、なんとなく乗り切れず読み終わってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
やっぱり私には、いしいワールドはあわないのかな?でも、また挑戦したい気もします。
posted by ロニママ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行(男性) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

『包帯クラブ』

包帯クラブ
包帯クラブ
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.20
天童 荒太著
筑摩書房 (2006.2)
通常24時間以内に発送します。


笑美子は、その名前の”笑”からワラと呼ばれている。
ワラは、ある日高いところから町が見たくなって、ある総合病院の屋上に登った。そこで不思議な少年ディノに出会う。
ディノは、ベンチや金網に包帯を巻いた。これが、包帯クラブの始まりだった。続きを読む
posted by ロニママ at 13:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 天童荒太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

『強運の持ち主』

強運の持ち主
強運の持ち主
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7.16
瀬尾 まいこ著
文芸春秋 (2006.5)
通常24時間以内に発送します。


元OLの占い師、ルイーズ吉田は、人気占い師。
そこには、毎日色んな客が訪れます。

前半の2編「ニベア」と「ファミリーセンター」は、ちょっと謎が解けたというか、想像が付いてしまいましたが、ラストは、にっこり微笑んでしまいます。
後半は、ルイーズの恋愛も絡んできて、さらにおもしろくなりました。相変わらず、読後感も良いですね。

昔、占い師に占ってもらったことがあります。確か、おじいさんで、よく当たるという噂を聞いて出かけたはず。その時のこと(もう15年以上前かな)を思い出しました。あの時は「すごい!当たってる!!」なんて驚いた記憶が。
この本を読むと、占いなんて意外と適当なのかと思う反面、占いに行きたくなります。
posted by ロニママ at 13:41| Comment(6) | TrackBack(10) | 瀬尾まい子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。